最高裁へ公正判決を要請 署名広げるオルグも実施

1月10日、最高裁への要請、最高裁前での宣伝、各中央団体へ署名の協力のお願いにまわる一日行動に取り組みました。神奈川原告団8人のほか神奈川弁護団、首都圏原告団・弁護団、2人の関西原告、各組合役員などが参加しました。

最高裁書記官へ要請

最高裁の会議室に17人の仲間が参加し書記官へ全員救済の判決をと訴えました。神奈川弁護団の要請につづいて、神奈川原告団は、1陣の大園さん、桑原さん、2陣の望月さんが裁判長への手紙を読み上げ早期解決をうったえました。東京、埼玉、大阪、京都の各原告が被害と解決への思いを訴え、神建連から益田副会長が組合を代表して署名を渡しながら要請しました。

次回の最高裁への要請は、2月18日に行うことも確認しました。

最高裁前での宣伝

お昼休みの時間に、裁判所職員、周辺の方たちに、全員救済を求めて宣伝行動を行いました。

中央団体へ支援要請

5班に分かれて、労働組合などの中央本部に署名の協力をお願いしてまわりました。各団体で積極的に受け止めていただけました。

Comments are closed.