公正判決を勝ち取ろう2017

2016年1月、京都地方裁判所で初めて被告建材メーカーの賠償責任を認める判決が下されました。
首都圏では、東京高裁で審理が行われており、国の責任が揺るぎないものとなる中、さらに被告建材メーカーの責任を明確に断罪する高裁の初めての判断が期待されます。2017年には判断が示されます。
解決にむけた大きな一歩を踏み出すため、原告勝利判決は欠かせません。
多くの皆さんに建設アスベスト問題へのご理解とご支援を呼びかけます。
ぜひ動画をご覧ください。